講演会のお知らせ

お知らせの最新更新日:2017年12月05日

過去の講演情報

最新の講演情報へ

2017年度

2017年

4月

新入職員研修のご案内

恒例となりました「新入職員研修」を今年も下記の通り開催いたします。

研修内容を実り多いものにしていただくために、研修時間を十分にとりました。

講演では、現場を熟知した当委員会委員が講師となり、病院職員にとって不可欠で基本的な内容をお話しします。また、医療制度、医療の質、医療機能評価、医療に関する法的知識等については外部の専門家をお招きし、病院・病院職員にとって重要な課題をわかりやすく解説します。医療安全・院内感染対策など病院に求められる様々な対策については、現場を指導する立場の行政の担当者による講演が行なわれます。

さらに病院職員が身につけておくべき接遇についての講演を加え、より実践的な内容となっております。

新入職員を指導される立場の職員の方の参加も歓迎いたします。

日 時 平成29年4月14日(金) 午前9時00分〜午後4時20分
(受付は8時30分から開始いたします)
場 所 東医健保会館 大ホール
(JR信濃町駅 徒歩5分)
参加費 会  員 6,000円
非会員 10,000円
参加費は事前振込制、昼食付です。
定 員 先着250名(定員を超えた場合のみご連絡いたします)
締切り 平成29年3月31日(金)
資料作成・昼食発注等の事務処理のため厳守願います
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
お願い 申込書に事務連絡担当者(窓口になってくださる方)のご所属・お名前も併せてご記入下さい。
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
  • ◎参加費につきましては、恐縮ですが事前のお振り込みをお願いいたします。
  • ◎手続きにつきましては、お申し込みをいただいた後、別途ご案内を差し上げます。

プログラム

9:00 〜 9:40 会長講演
「新入職員に期待するもの」
河北博文
(東京都病院協会 会長)
9:50 〜 10:40 基調講演
「医療とは何か」
山口武兼
(豊島病院 院長)
10:45 〜 11:25 「職業人としての心構え」 永池京子
(河北医療財団 看護統括部長)
11:30 〜 12:20 特別講演
「医療人に必要な法的知識」
柴田崇先生
(宮澤潤法律事務所 弁護士)
12:20 〜 13:10 〜昼食・休憩〜 (50分間)
13:10 〜 13:50 「病院職員のための接遇」 赤尾英子先生
(オフィス・マイルス代表)
13:55 〜 14:35 「医療の質とサービスの向上」 大沢正行
(永生会 法人本部 副本部長)
14:35 〜 14:45 〜休憩〜 (10分間)
14:45 〜 15:30 「病院として必要な医療安全対策」 東京都福祉保健局
医療政策部医療安全課 担当者
15:30 〜 16:00 「医療の安全と質向上のために」 坂口美佐
(日本医療機能評価機構 医療安全推進部長)
16:00 〜 16:20 「医薬品の安全管理について」 原澤秀樹
(東京医科歯科大学歯学部附属病院 薬剤部長)
  閉会挨拶 川内章裕
(東京都病院協会
教育・倫理委員会委員長)

参加者数226

6月

在宅医療・緩和ケア講習会
〜病棟と在宅、二刀流の緩和ケアの実践〜

急速に高齢化が進む日本。それはすなわち、認知症患者の増加、がんの増加、そして多死社会の到来でもあります。そして2040年には多死がピークを迎えると推測されています。病院のベッドが不足するおそれと、医療費の削減のため、国は在宅医療を進めています。しかし、在宅医療は単なる医療費削減の手段ではなく、地域包括ケアシステムでも謳われているように、「高齢者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むこと」ができること、言い換えれば、自分らしい暮らし方、自分らしい最期のために、住み慣れた自宅や地域で過ごすために必要な医療でもあります。

もちろん、単に住み慣れた地域・自宅で過ごせばよいというものではなく、そこでもQOLは重視されるべきであり、それを支えるためには「在宅医療の質の向上」が必要です。

今回の講習会では、永寿総合病院の廣橋 猛先生をお招きして、在宅でのがん患者の緩和ケアがどのように行われているか、現状と将来予測、課題などを伺い、みなさんと一緒に考える機会にしたいと思います。廣橋先生は永寿総合病院で緩和ケア科副部長、がん診療支援・緩和ケアセンター長という要職を務める一方で、自ら在宅医療も実践されております。

また、永寿総合病院では緩和ケア病棟の他、緩和ケア外来があり、在宅の患者さんの急変時に緊急受診・緊急入院にも対応できる体制を取るなど、病棟・外来・在宅にまたがって患者さんが安心して、希望する場で療養できるような取り組みをしています。

在宅での緩和ケアに加え、在宅医療を支える病院や地域の取組みについてもご紹介します。

日 時 平成29年6月29日(木) 午後1時30分〜午後4時30分
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分) 大ホール
講 師 廣橋 猛先生
(永寿総合病院 緩和ケア科副部長、がん診療支援・緩和ケアセンター長)
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円(当日会場にて申し受けします。)
定 員 先着200名(定員を超えた場合のみ、事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数41

7月

平成29年度 医療安全講演会

東京都病院協会では、この度、「医療安全」をテーマに講演会を開催し、2つの講演を行っていただくこととなりました。

一つは、制度開始から2年目を迎えた「医療事故調査制度」について、厚生労働省医政局総務課医療安全推進室室長の名越 究氏を講師としてお招きし、昨年の改正点を踏まえた制度の解説とこれまでの経緯、そして、今後の展望についてご講演いただきます。

もう一つは、院内感染対策の中でも「薬剤耐性菌」をテーマに、昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門特任教授の二木芳人先生を講師としてお招きし、抗菌薬の適正使用とその管理体制についてご講演いただきます。

いずれも医療安全、病院運営を考える上で大変重要なテーマと考えております。関係各位のご参加をお待ち申し上げております。

日 時 平成29年7月12日(水) 午後2時00分〜午後4時15分
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
講演① 「医療事故調査制度について」(60分)
 講師:名越 究氏
(厚生労働省 医政局総務課 医療安全推進室 室長)
講演② 「抗菌薬の適正使用と
 Antimicrobial stewardshipの実践」(60分)
 講師:二木芳人先生
(昭和大学医学部 内科学講座 臨床感染症学部門 特任教授)
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円(当日会場にて申し受けします)
定 員 先着60名(定員を超えた場合のみ事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数46


診療情報管理勉強会シリーズ講座 臨床医学勉強会(12)
「虚血性心疾患の診断と治療と予防」

第12回臨床医学勉強会を下記要領にて開催いたします。

職種限定等はありませんので、多くの方にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

開催スケジュール

  開催日 テーマ 講師

12
平成29年
7月19日(水)
虚血性心疾患の診断と治療と予防 第三北品川病院
内科・循環器内科
部長 田村裕男先生
時 間 午後6時00分〜午後8時00分(質疑応答含む)
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
内 容 臨床医学勉強会は、様々な疾患について、名前は聞いたことがあるが、内容がよくわからないと思っておられる事務・コメディカルの方を対象に、どのようなことをしているのか、どんな病気を対象にしているのか、わかりやすく説明いたします。今回は虚血性心疾患の診断・治療・予防についての講義です。
対 象 職種限定はありません。どなたでもご参加いただけます。
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円(軽食付き)
※参加費は1回あたりの金額です。当日、会場で申し受けます。
定 員 先着60名(定員を超えた場合は事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
《講師略歴》
昭和57年9月 日本大学大学院医学研究科卒業(医学博士)
昭和53年4月 日本大学付属板橋病院内科(II)(循環器)入局
昭和61年 米国ミシガン大学医学部(循環器薬理学)留学
平成3年11月 日本大学付属板橋病院 救命救急センターCCU医長
平成5年1月 財団法人河野臨床医学研究所循環器内科部長
平成15年7月 同財団附属北品川病院 院長兼診療部長
平成28年4月 公益財団法人河野臨床医学研究所執行理事、第三北品川病院院長補佐兼内科部長

参加者数45

10月

診療情報管理勉強会シリーズ講座
臨床医学勉強会(13)「大腸がん」

第13回臨床医学勉強会を下記要領にて開催いたします。

職種限定等はありませんので、多くの方にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

開催スケジュール

  開催日 テーマ 講師

13
平成29年
10月18日(水)
大腸がん
─消化器科でもっとも多い
 がんの最新知識
河北総合病院
副院長・内科部長
五十嵐裕章先生
時 間 午後6時00分〜午後8時00分(質疑応答含む)
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
内 容 臨床医学勉強会は、様々な疾患について、名前は聞いたことがあるが内容がよくわからないと思っておられる事務・コメディカルの方を対象に、どのようなことをしているのか、どんな病気を対象にしているのか、わかりやすく説明致します。
対 象 職種限定はありません。どなたでもご参加いただけます。
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円(軽食付き)
※参加費は1回あたりの金額です。当日、会場で申し受けます。
定 員 先着80名(定員を超えた場合は事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
《講師略歴》
昭和60年 千葉大学卒業、東京女子医大消化器内科入局
平成3年 4月 同助手
 6月 浦和市立病院内科
平成7年 6月 社会保険群馬中央総合病院消化器内科医長
平成12年12月 同部長
平成20年 4月 河北総合病院内科部長
平成26年 4月 同副院長、現在に至る

日本消化器病学会指導医・支部評議員、日本消化器内視鏡学会指導医・支部評議員、日本超音波医学会指導医、日本肝臓学会専門医、がん治療認定医、日本内科学会指導医、日本医学英語教育学会評議員、東京女子医大非常勤講師

参加者数39


急性期医療委員会研修会
「気象災害への対応を考える」

この度、東京都病院協会急性期医療委員会では気象災害について学ぶことを目的に研修会を開催いたします。

これまで、日本での自然災害と言えば地震による被害を想定することがほとんどでした。東京都の防災会議でも、被害想定を「東京湾北部地震M7.3あるいは多摩直下地震M7.3」とし、防災訓練もこれに基づいたシナリオで行なわれています。

しかしながら、近年、気候変動により従来とは異なる気象災害が頻発しております。例えば大雨の際、低地では浸水、高台の近くでは土砂崩れが発生するなど、地震災害とは違った対策が求められます。関東でも平成27年9月の鬼怒川が決壊し、大きな被害が出ました。都市部では、ゲリラ豪雨による内水反乱が頻発していることはご存知の通りです。

また、災害時の病院への支援の在り方は、病院避難中心から籠城支援へ変化して来ていますが、公助による支援を受けるにも水害は道路を寸断し、さながら水攻めのごとき状態になります。水害ではヘリコプターによる支援が有効ですが、天候によっては難しくなります。

現今、各病院でBCPを策定することが求められていますが、気象災害に対するBCPを作成するにあたっては、敵を知る事、すなわち気象災害を知ることが重要です。

今回の研修会では気象災害に備えるため、専門家による解説の元、基礎的な知識を中心に学びを深めます。

日 時 平成29年10月19日(木)午後2時00分〜午後4時00分
(質疑応答含む)
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
講 師 新野 宏先生
(東京大学大気海洋研究所教授、
 前・日本気象学会理事長)
内 容 気象災害の種類、発生の仕組み、どのような状態になるか、どう備えるか。
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円(いずれも当日、会場で申し受けます)
定 員 先着80名(定員を超えた場合のみ、事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数39


事務管理部会研修会
「持分なし医療法人への移行について」

医療法等の改正を受け、「持分あり医療法人」から「持分なし医療法人」への移行に関する認定制度につきましては、このほど実施期間が3年間延長(平成32年9月まで)となりました。さらに、要件の緩和や、贈与税の非課税対象の大幅拡大などの改正がなされております。

改正に伴いまして、下記の通り研修会を開催いたします。制度概要について改めてお話しいただくとともに、税制措置、申請手続き等について、具体的な事例も交えてご紹介いただく予定です。

関係各位のご参加をお待ち申し上げております。

日 時 平成29年10月30日(月)午後1時30分〜午後4時30分
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
講演① 「持分なし医療法人への移行の概要と手続き」(90分)
講演② 「持分なし医療法人への移行に関する事例紹介」(60分)
講 師 山川光成氏
(株式会社川原経営総合センター 法務企画部 副部長)
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円
(当日、会場で申し受けします)
定 員 先着80名(定員を超えた場合のみ事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数22

11月

看護管理部会研修会
「スタッフを育てるコミュニケーションスキル」

「部下や同僚に自分の考えや意見を適切に伝えたい」「組織的・体制的な問題をスタッフみんなで共有したい」「組織の一員として主体的に考え、問題解決ができるスタッフを育てたい」等、リーダー・主任・師長は「対人コミュニケーション」の重要性を常に意識しながらスタッフ指導を行っているのではないでしょうか。

ではそのためにはどのように伝えたら相手が納得し、行動してくれるでしょうか。

今回の研修会では、「相手のこころに響く伝え方ができるようになる」ことを目標に、アサーティブコミュニケーションについて学びます。アサーティブコミュニケーションとは、「相手」も「相手の意見」も尊重しながら、自分の意見もきちんと伝え、[貴方もOK]・[私もOK]とお互いに納得できるよう人間関係を円滑にしていく一つのスキルです。

前半の講義ではアサーティブコミュニケーションの基本的な考え方を学びながら自分のコミュニケーションタイプを理解し、後半はコミュニケーションに関する課題についてグループワークを行います。解決の糸口を一緒に考えてみませんか。

日 時 平成29年11月17日(金)午後1時30分〜午後4時30分
(質疑応答含む)
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
講 師 小路美喜子先生
  • (元)東京慈恵会医科大学附属病院看護部長、副院長、
    学校法人慈恵大学理事
  • (前)公益社団法人東京慈恵会総合医学研究センター
    医療教育研究部主任研究員
  • (現)永寿総合病院 外部理事
内 容 講義・演習 「アサーティブコミュニケーション」(約90分間)
グループワーク:コミュニケーションに関する課題について問題を共有し、解決の糸口を考えます(約90分)
対 象 看護リーダー、主任、看護師長
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円
(当日、会場で申し受けます)
定 員 先着50名(定員を超えた場合のみ、事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数51


事務管理部会研修会
「適時調査等への対応」

事務管理部会ではこの度、適時調査を始めとする各種調査をテーマに研修会を行うこととなりました。施設基準は届出後も要件を満たし続ける必要があり、その確認を目的に調査が行われます。しかし、厚生労働省の「平成27年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について」によると、指導・適時調査・監査により、保険医療機関等は約124億4千万円の返還が求められています。

日頃からどのような点に留意し書類等を整理しておくべきか、実際の指摘事項を例に挙げつつ、ご紹介いただきます。

関係各位のご参加をお待ち申し上げております。

日 時 平成29年11月22日(水)午後3時00分〜午後4時30分
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
内 容 「適時調査等への対応」
講 師 小林洋一氏
(上尾中央医科グループ株式会社プリオ 統括本部長
   千葉愛友会記念病院 事務局長)
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円
(当日会場にて申し受けします)
定 員 先着80名(定員を超えた場合のみ事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数75


診療情報管理委員会講演会
「平成30年度診療報酬改定の動向」
〜急性期医療を提供する医療機関はいかに対応するか〜

『惑星直列』とも言われる平成30年度の診療報酬・介護報酬のダブル改定、第7次医療計画の動向は各医療機関とも大変な関心をお持ちのことと思います。これを踏まえ、診療情報管理委員会では、平成30年度診療報酬改定に向けて講演会を開催いたします。

講師には、日本血液製剤機構・谷澤正明氏をお招きいたします。谷澤氏はこれまでにも病院向けの講演活動を数多く開催されております。また、過去開催された講演でも分かりやすい解説には定評があり、今回の改定に向けて各医療機関はどのような対応が必要になるかを解説していただきます。

中医協での議論の状況やDPC改定の論点も含めて開催日までに明らかになっている、急性期医療を提供する医療機関向け情報をお話しいただく予定です。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 平成29年11月29日(水)午後1時00分〜午後3時00分
(質疑応答含む)
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
講 師 谷澤正明先生
(日本血液製剤機構 事業戦略部 参事)
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円
(当日、会場で申し受けます。)
定 員 先着80名(定員を超えた場合のみ事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数115


平成29年度東京都病院協会
トップセミナー(1)開催のお知らせ

東京都病院協会では平成26年度より病院経営者を対象にした「トップセミナー」を開講しております。このセミナーは、医療・福祉全体の構図が見渡せることを目的として病院経営者を対象として開講しております。

今回は産業医科大学医学部教授 松田晋哉先生をお迎えし、「地域医療構想」をテーマとしてご講演いただきます。後半は東京都福祉保健局医療政策担当部長 矢澤知子氏にもご登壇いただき、「東京都の地域医療構想」をテーマにシンポジウムを行います。

多くの皆様にご参加いただけるよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

日 時 平成29年11月30日(木)午後6時30分〜午後8時30分
会 場 東京都医師会館 2階講堂(JR御茶ノ水駅 徒歩5分)
プログラム 1.基調講演 「地域医療構想」
 講師:松田晋哉氏(産業医科大学医学部 教授)
2.シンポジウム 「東京都の地域医療構想」
 座長:猪口正孝(東京都地域医療構想調整部会 部会長)
シンポジスト:
松田晋哉氏(産業医科大学医学部 教授)
矢澤知子氏(東京都福祉保健局医療政策担当部長)
対 象 病院経営者(理事長または院長)
参加費 会員 5,000円 非会員 10,000円
参加費については、事前のお振り込みをお願いいたします。参加のお申し込みをいただいた後、事務局より振込先等をご案内いたします。
定 員 先着200名
申込用紙に必要事項を全てご記入の上、事務局あてにFAXにてお申込み下さい(定員を超えた際はご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東京都医師会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数83



[ ↑ページトップへ ]