講演会のお知らせ

お知らせの最新更新日:2018年10月2日

最新の講演情報

過去の講演情報へ


第3回 AI研究会勉強会のご案内 「第3回 AI研究会勉強会」 参加申込書(PDF)

本研究会では、AI(人工知能)が医療においてどのように活用できるか、病院経営に資するAIとはどのようなものかを検討するため、本年4月より活動しております。

9月13日に実施したAIの概説についての勉強会に引続き、予防医療分野および救急相談の自動応答におけるAI活用の取り組みについて勉強会を実施します。

AIが医療の現場でどのように役立っているのか等について、医師でもあり、NECにおいて医療ソリューションコーディネーターとしてもご活躍の野間充先生と各ソリューション担当者様をお招きしてお話を伺います。

日 時 平成30年10月18日(木) 午後7時00分〜9時00分
会 場 東京都医師会館(JR御茶ノ水駅 徒歩5分)
講 演 「健康増進・発症予防および救急相談分野でのAI活用の取り組み」
講 師 1.野間 充先生

(元 旧九州厚生年金病院 医師、医学博士、
NEC 医療ソリューション事業部 医療ソリューションコーディネーター)

2.NEC各ソリューションご担当者様
対 象 どなたでもご参加いただけます
参加費 会員:4,000円 非会員:8,000円(当日会場で申し受けます)
定 員 先着60名(定員を超えた場合のみ、事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東京都医師会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
《野間充先生略歴》
1983年 (昭和58年) 九州大学医学部卒業
同年   九州大学医学部循環器内科入局
1988年 (昭和63年) 9月 九州厚生年金病院 内科入職
2000年 (平成12年) 5月 同院 医療情報部 部長に就任
2015年 (平成27年) 3月31日 独立行政法人地域医療推進機構九州病院 退職
同年   4月 1日 日本電気株式会社(NEC) 医療ソリューション事業部 入社
同年   4月 9日 医療法人末次医院 循環器内科 非常勤医師として入職

【資格】
医師: 総合内科専門医・循環器専門医・超音波専門医・指導医、医学博士(九州大学医学部)
情報処理技術者: 情報セキュリティアドミニストレータ、医療情報技師


看護管理部会研修会
病院における減災対策とは
〜事前の備え、被災時の業務を考える〜
看護管理部会研修会「病院における減災対策とは」 参加申込書(PDF)

東日本大震災や熊本地震等の地震・津波災害だけでなく、異常気象による自然災害も頻発し、以前では考えられないレベルの被害が発生しています。大阪北部地震における「国立循環器病研究センター」の停電や、西日本豪雨における「まび記念病院」の水没は記憶に新しいところであり、被災病院に自院の姿を重ね合わせた方も多かったのではないでしょうか。

このたび、看護管理部会では、東京都の基幹災害拠点病院である広尾病院で、減災対策支援室 副室長の任に当たられている中島康先生をお招きし、病院における減災対策についてグループワーク形式で研修会を開催いたします。

災害時における自院の弱点はどこか。事前の備えとして、何を、どのレベルまで行うべきか。被災時はどのような判断基準で優先する業務を決め、他部署とはどう連携するべきか、などについて、グループワークで疑似体験していただきながら講師に解説をいただくことで、貴院および皆様それぞれの災害時における課題の発見や、対策の見直しにお役立ていただける内容となっております。

日 時 平成30年10月31日(水) 午後1時30分〜午後4時30分
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
講 師 中島 康先生
東京都立広尾病院 減災対策支援室
副室長 医師 博士(工学)
内 容 講義およびグループワーク
  • 災害時における自施設の課題の発見
  • 災害時の業務の優先づけ
  • 他部署との連携など
対 象 看護職(主任クラス以上)を想定
参加費 会員:4,000円、非会員:8,000円
(当日、会場で申し受けます)
定 員 先着70名(定員を超えた場合のみ、事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

医療安全推進委員会研修会
「感染対策を考える」
「感染対策を考える」 参加申込書(PDF)

東京都病院協会医療安全推進委員会では感染対策について学ぶことを目的に研修会を開催いたします。

院内感染の発生は、病院の評判を落とす結果につながります。病院に対して損害賠償を求める医療訴訟も増加しています。感染対策は、患者を感染から守ると同時に、スタッフの安全を守ることに対しても重大な役割を果たします。

医療安全推進委員会では、医療従事者に対して現場で活用できる実践的な講義と医療訴訟事例から見た感染予防、感染後の対応の2部構成で、研修会を実施いたします。

日 時 平成30年11月5日(月) 午後1時30分〜午後4時30分(質疑応答含む)
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
内 容
  • 講演①午後1時30分〜午後2時40分(70分間)
    「中小規模病院の感染対策の実際」
    藤井奨 先生(荻窪病院 感染管理室長、ICD)
  • 表彰 午後2時40分〜午後3時00分(20分間)
    指差し唱和運動標語コンテスト表彰式
  • 講演②午後3時10分〜午後4時20分(70分間)
    「医療訴訟事例から見た感染予防、
     感染後の対応」
    桑原博道 先生
    (仁邦法律事務所 所長・弁護士)
対 象 病院職員(職種・職位は問いません)
参加費 会員:4,000円、非会員:8,000円
(いずれも当日、会場で申し受けます)
定 員 先着100名(定員を超えた場合のみ、事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会
TEL:03-5217-0896 FAX:03-5217-0898
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

東京都病院協会 診療情報管理勉強会
シリーズ講座 臨床医学勉強会(16)「呼吸器」
シリーズ講座「臨床医学勉強会」(第16回) 参加申込書(PDF)

臨床医学勉強会を下記要領にて開催いたします。

職種限定等はありませんので、多くの方にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

開催スケジュール

  開催日 テーマ 講師

16
平成30年
11月12日(月)
肺がん治療の現状 国立病院機構東京病院
呼吸器センター部長
田村厚久先生
時 間 午後6時00分〜午後8時00分(質疑応答含む)
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
内 容 臨床医学勉強会は、様々な疾患について、名前は聞いたことがあるが内容がよくわからないと思っておられる事務・コメディカルの方を対象に、どのようなことをしているのか、どんな病気を対象にしているのか、わかりやすく説明致します。
対 象 職種限定はありません。どなたでもご参加いただけます。
参加費 会員 4,000円 非会員 8,000円(軽食付き)
※参加費は1回あたりの金額です。当日、会場で申し受けます。
定 員 80名(定員を超えた場合は事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
《講師略歴》
1982年3月 東京医科歯科大学医学部卒業
同年    5月 同大学第一内科勤務
都立墨東病院内科、東京医科歯科大学第一内科(呼吸器)、病理部勤務
1993年6月 国立療養所東京病院(現 国立病院機構東京病院)
呼吸器内科勤務
内科医長、呼吸器内科診療部長、呼吸器センター長を経て現職

専門分野 肺がんの診断・薬物療法、抗酸菌症の診断・治療、臨床病理学


看護管理部会研修会
「医療倫理と医療安全」
抑制/拘束の倫理を物語の視点から考える
看護管理部会研修会「医療倫理と医療安全」 参加申込書(PDF)

日常の診療や介護では、倫理的な問題として医療の妥当性、脳死判定、終末期医療、リビングウィルなど特殊なケースから、身体拘束など身近な事まで様々な場面があります。

医療倫理は、「患者さんの意思決定を支援するプロセス」であると言われています。「それぞれに価値観が異なる患者さんが、自分らしく、尊厳が守られ、選択ができる」ように患者さんが幸せを感じることができるプロセスを実践していきたいですね。

そこでこの度、看護管理部会では琉球大学医学部附属病院の臨床倫理士である金城隆展先生をお招きし、お話を伺うことといたしました。プログラムの一部には簡単な事例検討を取り入れ、参加者の皆さんに考えていただいた後、講師による解説を加える予定です。

金城先生は『倫理は中間にとどまって考え続けること』と話されています。医療倫理についてどのように考えていけば良いか、『ナラティヴエシックス』とはどのような考え方かなどを示して頂き、皆さんと一緒に倫理について考えてみたいと思います。

日 時 平成30年11月16日(金) 午後6時00分〜午後8時00分
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
講 師 金城 隆展先生
(琉球大学医学部附属病院 地域医療部 臨床倫理士)
内 容
  • 医療倫理、臨床倫理、医療安全
  • ナラティヴ、物語、ナラティヴエシックス
  • 抑制、拘束
対 象 医療機関・介護施設の職員(職種不問)で、医療倫理に関心がある方、患者さんへの姿勢・業務への向き合い方を変えたいと思っている方、専門職としての「在り方」について考えてみたいと思っている方。
参加費 4,000円(当日、会場で申し受けます)
定 員 250名(定員を超えた場合のみ、事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会
TEL:03-5217-0896 FAX:03-5217-0898
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

慢性期医療委員会研修会
「人生の最終段階における意思決定について
―ACP(アドバンス・ケア・プランニング)を中心に」
慢性期医療委員会研修会申込書 「人生の最終段階における意思決定について―ACP(アドバンス・ケア・プランニング)を中心に」(PDF)

平成30年3月、「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」が約10年ぶりに改訂されました。そこでは、ACP(アドバンス・ケア・プランニング:人生の最終段階の医療・ケアについて、本人が家族等や医療・ケアチームと事前に繰り返し話し合うプロセス)の概念が盛り込まれ、併せて平成30年度診療報酬改定に際して、地域包括ケア病棟入院料等においてガイドラインを踏まえた看取りの指針を定めることが求められています。

ACPへの理解を深めるため、慢性期医療委員会では木澤義之先生をお迎えし、ACPの概念とその実践方法について、ご講演いただくことといたしました。

関係各位のご参加をお待ち申し上げております。

日 時 平成30年11月17日(土) 午後3時30分〜5時00分
会 場 ワイム貸会議室四谷三丁目(新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6F)
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 1番出口 徒歩1分
内 容
  1. PM3:30〜4:30
    「人生の最終段階における意思決定について
     ―ACP(アドバンス・ケア・プランニング)を
     中心に」
    木澤 義之先生
    (神戸大学医学部附属病院 緩和支持治療科 特命教授)
  2. PM4:30〜5:00
    「患者さんが最善の選択をするために
     必要な支援とは」
    桑名 斉先生
    (社会福祉法人信愛報恩会 信愛病院 理事長
    東京都病院協会 理事、慢性期医療委員会委員)
後 援 公益社団法人 東京都医師会
会 費 会員:4,000円、非会員:8,000円(当日会場にて申し受けします)
定 員 先着100名(定員を超えた場合のみ事務局からご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 ワイム貸会議室四谷三丁目
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

平成30年度東京都病院協会
幹部職員セミナー(経営塾)開催のお知らせ
平成30年度東京都病院協会 幹部職員セミナー(経営塾) 参加申込書(PDF)

社会保障費の増大を受け診療報酬が削減される中、医療機関は診療のみに専念している状態から、中期的な展望を可能とするマネジメントを確立することが不可欠となりました。良質な病院経営を継続するためには、次世代を担う幹部職員を育成し、医療の質、経営の質を向上させることが必要になります。

当協会では将来の病院経営を担う幹部職員の育成を目的として、幹部職員セミナーを開講しております。本セミナーは、医療の質向上・経営の質向上および病院のガバナンスを中心テーマに、幹部職員に必須と思われる内容のカリキュラムを約半年間、月1回のスクーリングで総合的に学び、専門的知識と医療人としての姿勢を身に付けることができる研修です。

また、講義を受けるだけではなく、病院経営について主体的に考えるために、計3回のグループディスカッションも行います。他院との情報交換の機会ともなり、過去の本セミナー参加者からも有用であったと好評をいただいております。

ぜひこの機会に貴院の次世代を担う職員のご参加をご検討いただきたいと存じます。

開催日時 平成30年9月28日(金)より平成31年3月15日(金)まで
計7回の開催
時間はいずれも PM 5:40〜PM 8:30
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
対 象 病院幹部職員、医療関連企業(代理出席も可)
参加費 会員70,000円 非会員 140,000円(いずれも事前振込)
※お申し込みをいただいた後、参加費の振込先をご案内いたします。
定 員 先着50名
必要事項をご記入の上、事務局あてにFAXにてお申込み下さい。
問合わせ先 東京都病院協会事務局 TEL:03-5217-0896
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
開催スケジュール
  開催日時 テーマ 講師候補 所属
第1回 平成30年
9月28日(金)
医療概論(制度) 河北博文 河北総合病院
グループディスカッション「今、医療は何が問題か」
第2回 10月19日(金) 病院をとりまく法的問題・
リスク管理
宮澤 潤 宮澤潤法律事務所
財務管理 鈴木喜六 ヘルスケアマーケティング研究所
第3回 11月16日(金) 人事管理・労務管理 浅見 浩 浅見社会保険労務士法人
グループディスカッション「労務管理」
第4回 12月21日(金) 高齢社会を見据えた病院経営
(慢性期医療の視点から)
進藤 晃 大久野病院
在宅医療の現状と課題 英 裕雄 新宿ヒロクリニック
第5回 平成31年
1月18日(金)
医療の質評価 福井次矢 聖路加国際病院
都内病院の経営戦略
(急性期医療の視点から)
伊藤雅史 等潤病院
第6回 2月8日(金) 病院医療の諸問題 猪口雄二 寿康会病院
医療と介護のクロスロード 武藤正樹 国際医療福祉大学大学院
第7回 3月15日(金) 東京都地域医療構想 猪口正孝 平成立石病院
グループディスカッション 「東京都地域医療構想」
  • ※各回の講義時間は、前半:午後5時40分〜7時00分、後半:午後7時10分〜8時30分です。
  • ※会場は各回とも東医健保会館です。
    東医健保会館 新宿区南元町4番地 TEL:03-3353-4311
  • ※全7回のうち、6回以上出席された方には最終回に「修了証」を授与いたします。
    全ての回に本人が出席の場合に限る。
  • ※グループディスカッションのある回には軽食をご用意いたします。
    その他の回は、飲み物(お茶等)のみご用意いたします。

[ ↑ページトップへ ]