講演会のお知らせ

お知らせの最新更新日:2014年04月21日

過去の講演情報

最新の講演情報へ

2013年度

2013年

4月

新入職員研修〜病院早分かり研修〜

恒例となりました「病院早わかり研修」を今年も下記の通り開催いたします。

研修内容を実り多いものにしていただくために、午前9時00分から昼食をはさんで、午後4時20分まで、研修時間を十分にとりました。

教材の「病院早わかり読本(医学書院発行)」(当日会場で配布いたします)に基づき、現場を熟知した当委員会委員が講師となり、病院職員にとって不可欠で基本的な講義を中心とした研修会になります。医療制度を始め医療の質、医療の安全、医療機能評価等、最近の病院にとって重要な課題をわかりやすく解説します。

また、医療に携わる職業人としての基礎的な法律的なものの考え方を学ぶために弁護士の講演を加え、医療安全など病院に求められる様々な対策について、現場を指導する立場の行政の担当者による講演が行なわれます。さらに毎年好評をいただいております接遇についての講演も引き続き行い、より実践的な内容となっております。

新入職員を指導される立場の職員の方の参加も歓迎いたします。

日 時 平成25年4月10日(水)9:00〜16:20
(受付は8:30から開始いたします)
会 場 東医健保会館 大ホール(JR信濃町駅 徒歩5分)
参加費 会  員 6,000円 非会員 12,000円
参加費は事前振込制、テキスト・昼食付です。
定 員 先着250名(定員を超えた場合のみご連絡いたします)
締切り 平成25年4月3日(水)
テキスト・昼食発注の事務処理のため厳守願います
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
お願い 申込書に事務連絡担当者(窓口になってくださる方)のご所属・お名前も併せてご記入下さい。
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
  • ◎参加費につきましては、恐縮ですが事前のお振り込みをお願いいたします。
  • ◎手続きにつきましては、お申し込みをいただいた後、別途ご案内を差し上げます。

プログラム

9:00 〜 9:40 会長講演
「新入職員に期待するもの」
河北博文
(東京都病院協会 会長)
9:50 〜 10:40 基調講演
「医療とは何か」
飯田修平
(練馬総合病院 理事長・院長)
10:45 〜 11:25 「職業人としての心構え」 金澤めぐみ
(永生病院 看護部 師長)
11:30 〜 12:30 特別講演
「医療人に必要な法的知識」
柴田崇先生
(宮澤潤法律事務所 弁護士)
12:30 〜 13:30 〜昼食・休憩〜 (1時間)
13:30 〜 14:30 「病院職員のための接遇」 赤尾英子先生
(オフィス・マイルス代表)
14:35 〜 15:15 「医療の質とサービスの向上」 大沢正行
(永生会 法人本部 副本部長)
15:15 〜 15:25 〜休憩〜 (10分間)
15:25 〜 16:10 「病院として必要な医療安全対策」 東京都福祉保健局
医療安全課 次席
大内一也氏
16:10 〜 16:20 閉会挨拶 川内章裕
(東京都病院協会
教育・倫理委員会 委員長)

参加者数229

5月

慢性期医療委員会講演会
(社会保障制度改革国民会議の中での医療提供の在り方)

社会保障制度改革国民会議は、平成24年8月に成立した社会保障制度改革推進法に基づいて、社会保障制度改革を行うために設けられました。現在まで6回開催され「医療・介護」においても、医療と介護のあり方、地域における医療と介護、医療・介護サービス提供体制、保険制度のあり方、地域保険・高齢者医療制度等、医療現場に係る内容についても議論されております。

慢性期医療委員会では国民会議の委員として参加されています宮武 剛氏に過去6回の審議内容も含め医療提供の在り方についてご講演いただきます。

これからの高齢化社会に医療がどのように取り組むべきか参考にしていただける講演会になるものと考えておりますので、関係各位のご参加をお待ちいたします。

日 時 平成25年5月13日(月)PM6:30〜8:30
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
テーマ 「社会保障制度改革国民会議の中での医療提供の在り方」(仮題)
講 師 宮武 剛氏(目白大学大学院生涯福祉研究科 客員教授)
参加費 会  員 3,000円 非会員 6,000円
定 員 先着100名(定員になり次第締め切らせていただきます)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数29

6月

事務管理部会勉強会
―東京都保健医療計画(第五次改定)説明会―

本年4月の東京都保健医療計画(第5次改定)の公表に伴い、東京都福祉保健局医療政策部の計画担当者より概要の説明をいただきます。

東京都の保健医療に関する、施策の方向性を明らかにする「基本的かつ総合的な改革」として策定されており、「患者中心の医療体制の充実」「保健・医療・福祉の提供体制の充実」「健康危機管理体制の充実」「計画の推進体制」について担当官の視点からお話しいただきます。

担当官の説明は30分程度ですが、その後、質疑応答を予定しております。東京都の医療保険、医療、福祉に対する取り組みについて知るよい機会となりますので、ぜひご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

日 時 平成25年6月26日(水)PM2:00〜3:30
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩6分)
テーマ 「東京都保健医療計画(第五次改定)の概要について」
講 師 東京都福祉保健局医療政策部地域医療担当課長 新倉吉和氏
参加費 無 料
定 員 先着50名(定員になり次第締め切らせていただきます)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数53

7月

AED講習会
(普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習)

平成16年7月1日より、一般市民においても自動体外式除細動器(AED)の使用が一定の条件の下で認められることとなり、AEDの普及も進んでおります。このような状況を踏まえ、急性期医療委員会では、標記講習会を開催いたします。医療機関職員対象の講習会ですので東京防災救急協会の標準プログラムにAHAガイドライン2010の解説を加え、より実際の現場に近い内容の講習会とする予定です。

本講習会の修了者には、東京消防庁の救命技能認定証が発行されます。また、医師の参加者には上記に加えて東京都医師会AED講習会の修了証が発行されます。

なお、実習を交えた講習会ですので、定員に達した場合はお断りさせていただくこともございますので、ご了承をお願いいたします。

日 時 平成25年7月5日(金)PM1:00〜5:00
会 場 麹町消防署 3階研修室(半蔵門線 半蔵門駅 徒歩2分)
講 師 佐々木 勝先生
(東京都立広尾病院 院長・
  東京都病院協会 急性期医療委員会委員)
参加費 会  員 3,000円(参加費は当日会場で申し受けます)
非会員 6,000円(           〃           )
対象者 病院職員(コメディカル・事務職員の方も参加可能です)
定 員 先着50名
協 力 公益財団法人東京防災救急協会
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 麹町消防署 (別ウィンドウでGoogle Mapを開きます)
  • 実習を含むため、動きやすい服装でご参加下さい。

参加者数43


診療情報管理勉強会 第19回全体会
「医療事故発生後の院内事故調査」

東京都病院協会診療情報管理勉強会第19回全体会は、「医療事故発生時の対応」をテーマとして下記要領にて開催いたします。

医療事故の防止はすべての医療人が取り組まなければならない課題ですが、防止のみならず事故発生後の対応もまた極めて重要です。今回の研修会では、事故発生時のカルテ開示に耐えうる診療記録の記載と、医療事故発生後の院内事故調査をテーマとした講演を行います。

上記に加えて、全日本病院協会が平成23年に行った医療安全管理の状況と事故発生時の院内事故調査の実施状況についてのアンケート結果に関して解説します。

研修会に先立ち、診療情報管理勉強会の活動報告を行います。活動報告についても、勉強会メンバー以外の方もご参加いただけますので関心のある方のご参加をお待ちしております。多くの方のご参加をお願い申し上げます。

日 時 平成25年7月26日(金)PM6:00〜8:00
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
プログラム
18:00 〜 18:30 診療情報管理勉強会 分科会活動報告
入門・基礎分科会、DPC分科会、統計分科会の活動内容の紹介
18:30 〜 20:00 講演会

① 診療記録の記載・医療事故発生後の院内事故調査
飯田修平先生
(診療情報管理委員会委員長、
     練馬総合病院理事長・院長)

② 全日病「医療安全管理・医療紛争解決に関するアンケート」
長谷川友紀先生
(東邦大学医学部社会医学講座教授)

参加費 会  員 3,000円(当日会場にて申し受けます)
非会員 6,000円(         〃         )
定 員 先着60名(定員を超えた場合のみご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数49


9月

急性期医療委員会研修会
災害トリアージ研修会

東京都では、東日本大震災の教訓を踏まえ、平成24年11月、①フェーズ区分の細分化、②行政区域に応じた体制整備(災害医療コーディネーターの配置を含む)、③医療機関・医療救護所の役割分担、④情報連絡体制、⑤医療支援・受援体制、⑥搬送体制、⑦医薬品・医療資機材の確保等を盛り込んだ、新たな東京都地域防災計画を発表しました。

新たな計画では都内すべての病院の役割が明確化され、「災害拠点病院」、「災害拠点連携病院」、「災害医療支援病院」のいずれかに分類され、急性期だけではなく、慢性期の病院でもそれぞれの機能・役割に応じて傷病者の受け入れを分担することとなりました。

こうした状況を受け、急性期医療委員会では、病院職員を対象とした災害トリアージ研修会を開催することといたしました。研修会では、東京都の新たな災害医療体制について解説を加え、さらにこれまでトリアージについて学習したことのない方もご参加いただけるように、災害トリアージの概念や実際の行動についても解説します。特に一次トリアージに的を絞り、例題を通じてスタート式トリアージの技術の習得を目指します。さらにトリアージタッグの記載方法についても簡単に学びます。

なお、模擬患者を用いた実習については、今回は予定しておりません。

医師・看護師に限らず、より多くの病院職員の方々にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

日 時 平成25年9月4日(水)PM2:00〜4:00
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
テーマ 「災害時の医療トリアージについて」
・東京都の新たな災害医療体制の解説
・1次トリアージの具体的な実施方法 等
講 師 大桃丈知先生( 白鬚橋病院 院長・急性期医療委員会委員 )
対 象 病院職員(事務職員を含む)
参加費 会  員 3,000円(当日会場で申し受けます)
非会員 6,000円(        〃        )
定 員 先着100名(定員を超えた場合のみご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数109


看護管理部会研修会
《感染対策ステップアップ研修会》

当部会では、感染対策の重要性に鑑み、感染対策研修会を実施しております。

講師には、感染管理の専門家である感染管理認定看護師をお招きし、1. 標準予防策の周知徹底方法、2.感染対策ラウンド、3. アウトブレイク時の対応について学びます。今回の研修会では、「標準予防策とは何か」というような概論の講義は省略して、上記の3項目について3人の講師の病院での取り組みを聞き、その後グループワーク形式での検討を行います。グループワークのテーマは、上記3項目に関して、参加者の皆さんから事前にご提出いただいた事案を基に検討します。具体的な取り組みの発表とグループワークによる事例検討・意見交換を合わせ、より実践的な研修会を目指します。

多くの方のご参加をお待ちしております。

日 時 平成25年9月6日(金)AM10:00〜PM5:00
会 場 東医健保会館(JR総武線・信濃町駅 徒歩5分)
参加対象 感染管理を担当している看護師(専任・兼任を問わず)

* 昨年度の研修会の内容を前提とするものではありませんので、どなたでもご参加いただけます。

講 師 テーマと講師については、プログラムをご参照下さい。
参加費 会 員 10,000円 非会員 20,000円 (昼食代を含む)

* 参加費は事前の振込をお願いいたします(お申し込み後に別途ご案内)。

定 員 先着40名(定員を超えた場合のみご連絡いたします)
その他 ご参加の方には、3つのテーマに関して自院で困っていること、困った事例・事案について事前にお伺いし、グループワークで検討します。
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

《 プログラム・スケジュール 》

10:00〜11:00 1. 標準予防策の周知徹底方法について(60分)
11:00〜12:00 2. 感染対策ラウンドについて(60分)
12:00〜13:00 昼食休憩
(近くにコンビニ等がありませんので、昼食は主催者にて準備いたします
13:00〜14:00 3. アウトブレイク時の対応について(60分)
14:00〜14:15 休憩(15分)
14:15〜17:00 4. グループワーク・発表 (2時間45分)

《 講師 》

東京都立墨東病院 感染管理認定看護師 舩木曜子氏
東京都立駒込病院 感染管理認定看護師 佐藤香理奈氏
河北総合病院 感染管理認定看護師 浅野美奈子氏

参加者数41


11月

事務管理部会研修会
(院内暴力対策研修会)

東京都病院協会 事務管理部会は医療現場で働く職員を対象に各種研修会を開催してまいりました。

このたびは、患者さんや外来者による病院職員への院内暴力事件が相変わらず頻繁に発生しており、患者さんや外来者による院内暴力行為は対人関係が重要とされる、医療従事者にとって非常に大きな問題になっています。

院内暴力行為は未然に防ぐことが望ましく、職員からも安全で安心な環境が求められております。

患者さんや外来者のストレス緩和対策など院内環境整備、院内暴力行為が発生した場合の非常時の対応システムの構築等、医療機関も苦慮していることと拝察いたします。

医療関係者として接遇の問題も含め、職員の安全確保のためにどのように取り組む必要があるのか参考にしていただける研修会になるものと思いますので、関係各位のご参加をお待ちいたします。

日 時 平成25年11月13日(水)PM2:00〜4:30
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
テーマ 「院内暴力への備え」
講 師 唐澤秀治(船橋市立医療センター 副院長)
参加費 会  員 3,000円
非会員 6,000円
定 員 先着100名(定員になり次第締め切らせていただきます)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数88


12月

看護管理部会研修会
慢性期施設における感染対策研修会
〜施設内で感染管理に関してリーダーシップをとる方のために〜

医療機関や介護施設における感染対策は極めて重要ですが、その一方で、専門性の高さや職員配置の困難性から、各施設での対応については苦慮されているところも多いことと存じます。また、多くの研修会では急性期病院での感染対策を基本とした研修内容になることが多く、慢性期の特性に合わせた研修会のご要望も頂いているところです。

これらを踏まえ、看護管理部会では、慢性期のための感染管理研修会を開催することといたしました。慢性期特有の感染管理の困難性と対応を学ぶとともに、看護スタッフ・介護スタッフへの教育について考えるプログラムといたしました。

感染管理認定看護師2名による講義に加え、PPE(個人防護具)の脱着等についてグループワーク形式で学び、すぐに施設内での伝達講習に活かせることを目指します。

多くの方のご参加をお待ちしております。

日 時 平成25年12月6日(金)PM2:00〜4:30
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
テーマ 慢性期施設における感染対策
講 師 「慢性期施設における感染対策」
駒木野病院 感染管理認定看護師 金成千鶴氏

「感染対策の実践に向けて 〜教育・指導の実例紹介〜」
永生病院 感染管理認定看護師 齊藤あけみ氏
参加費 会  員   5,000円(当日会場にて申し受けます)
非会員 10,000円(        〃        )
定 員 先着40名(定員を超えた場合のみご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数37

2014年

1月

事務管理部会研修会
(医療機関の雇用契約、就業規則についての研修会)

東京都病院協会 事務管理部会は医療現場で働く職員を対象に各種研修会を開催してまいりました。

医療機関の労働時間管理は一般企業と異なり、特殊な側面があることから、このたびは、労使間リスクからの回避のために医療機関の雇用契約、就業規則について及び医療機関における労使間トラブルの事例等について講演をいただきます。

労使間のトラブルの未然防止、労働基準監督署への対応等、リスク回避を前提とした書式の見直しと整備を行い、各医療機関の就業規則、雇用契約書等をさらに充実したものにするため、どのように取り組む必要があるのか参考にしていただける研修会になるものと思いますので、関係各位のご参加をお待ちいたします。

日 時 平成26年1月23日(木)PM2:00〜4:30
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
テーマI 「医療機関の雇用契約と就業規則」PM 2:00〜3:40
講 師 浅見 浩氏(浅見社会保険労務士事務所 所長)
テーマII 「労務管理における訴訟リスクと対応策」PM 3:50〜4:30
講 師 大原法律事務所 弁護士 村上 元茂 氏
参加費 会  員 3,000円
非会員 6,000円
定 員 先着100名(定員になり次第締め切らせていただきます)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数75


3月

慢性期医療委員会研修会
(医科歯科連携と口腔ケアの重要性)

高齢者の口腔ケアは、ADL(日常生活動作)の低下や痴呆の発症などにより、全てを自らが行うことには、困難がつきまといます。口腔の衛生管理を怠ると、呼吸器や循環器などの疾患をまねき、特に抵抗力の低下した高齢者などでは、致命傷になるケースも見受けられます。社会の高齢化が進む今日において、歯科医師や歯科衛生士などの専門家だけが、全ての高齢者の口腔ケアを行うのは困難です。今回は、医科歯科連携を積極的に行っている講師を招き、医療や介護の現場に携わる方々が口腔ケアを行う際に必要な基礎的な知識と実践方法を紹介していただきます。

これからの高齢化社会において、健康な生活を支えるために必要な知識の一つと考えておりますので、関係各位のご参加をお待ちいたします。

日 時 平成26年3月8日(土)PM6:30〜8:00
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
テーマ 「高齢者における嚥下障害と口腔ケア」(仮題)
講 師 阪口英夫氏 (大生病院 歯科口腔外科 部長)
岩田福代氏 (陵北病院 歯科衛生士)
参加費 会  員 3,000円
非会員 6,000円
定 員 先着60名(定員になり次第締め切らせていただきます)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数41


急性期医療委員会研修会
病院のBCP研修会

平成23年に発生した東日本大震災を契機に、各医療機関でもBCPの策定を検討されていることと存じます。また、平成24年7月には、東京都より「大規模地震発生時における医療機関の事業継続計画(BCP)策定ガイドライン」が発表されました。また、同年9月の東京都災害医療協議会報告では、都内のすべての病院が災害発生時に何らかの役割を担うこととなりました。

さらに、新型インフルエンザ発生時にプレパンデミックワクチンの接種対象事業者として登録するためには診療継続計画を策定していることが求められる予定であり、今や医療機関にとってBCP策定は必須事項となってきております。

一方、BCP策定と言っても、何をどうすればよいのか、取り掛かりの部分で悩まれている病院も多いことと存じます。また、一般のコンサルタントは医療機関の業務フローに詳しくなく、総論のみで具体性に欠けることも多いものと思われます。このような状況を踏まえ、急性期医療委員会では病院のBCP研修会を企画いたしました。

講師の佐々木先生は、DMAT隊員として多くの災害現場で医療機関の機能がどのように喪失するかを目の当たりにされてきており、また、都立病院のBCP策定にも深く関与されております。医師・病院長として、医療機関の業務フローを熟知した講師による、具体的・実践的なBCPの考え方と、チェックポイントについての解説をしていただきます。加えて、災害時のエネルギー供給信頼性などについて、東京電力および東京ガスの両社から説明していただきます(各20分程度を予定)。

日 時 平成26年3月11日(火)PM2:00〜4:20
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅 徒歩5分)
テーマ
(講演) 病院のBCP策定について(佐々木先生:100分間)
(説明) 電力の供給信頼性、BCP関連サポートについて(東京電力(株))
(説明) 都市ガスの供給信頼性、電源の多重化について、設備導入に関わる補助金・サービスの紹介(東京ガス(株))
講 師 佐々木 勝 先生
(東京都立広尾病院院長・急性期医療委員会委員)
参加費 会  員 3,000円(当日会場で申し受けます)
非会員 6,000円(        〃       )
定 員 先着100名(定員を超えた場合のみご連絡いたします)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数70


診療報酬改定説明会

標記説明会では厚生労働省の担当官の説明の他に医療保険・経営管理委員会、事務管理部会の委員が、改定の内容をわかりやすく解説いたします。

都内病院職員の方々が多数参加されますように、ご案内申し上げます。

日 時 平成26年3月24日(月)PM1:30〜4:30
会 場 日本教育会館(会場案内図参照)
講 師 厚生労働省保険局医療課 担当官
東京都病院協会 事務管理部会 委員
参加費 会  員 7,000円
非会員 10,000円
上記参加費は当日会場で申し受けます。
資料代(診療報酬点数表 改正点の解説(社会保険研究所))を含みます。
定 員 先着600名(定員を超えた際はご連絡させていただきます)
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 日本教育会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)

参加者数347


平成25年度東京都病院協会経営塾開催のお知らせ

以前から保護され続け、適切なマネジメントが欠けていても組織の存続には支障がなかった医療提供体制は、平成14年4月をもって平時から戦時に移ったと考えられます。このたびの医療関連諸制度の変更の方向は、明らかに不要な医療の転向と廃棄を意味しており、診療のみに専念している状態から、開設主体を問わずに医療機関が中期的な展望を可能とするマネジメントを確立することが不可欠となりました。東京都病院協会は都内の病院を対象にし、主体的にこのマネジメントの導入を図るべく、平成14年度より「経営塾」を開設いたしました。今年度も昨年同様、必要と思われる事項をすべて網羅し、約半年間、月2回のスクーリングで総合的、専門的知識と姿勢を身に付けるよう構成して、家業から組織体としての経営・運営への移行、そして補助金や政策に依存した体質から、現場に全権限と全責任を持たせ、自立(律)した組織管理を可能とすることに主眼をおいた研修内容といたしました。

また、一口に「病院経営」といっても、病院の種類、規模、立地によっては同じ問題や特徴があっても経営者の立場により、病院としての対応が変わってくることが考えられます。

そういった点を踏まえて、経営塾では講義だけではなく全3回のグループディスカッションを取り入れております。当協会の会長、役員及び学識者を含めて、共通のテーマに基づき、参加者自らが問題を検討し発表する形式としており、過去に参加いただいた皆様にも非常に参考になったと好評をいただいております。今年度もグループディスカッションを実施し、活発な意見交換ができる場にしたいと考えております。

さらに、単独で可能なことと共同で実践すること等の情報も含み、病院協会ならではのカリキュラム編成としております。各医療機関に必要な人数のマネージャーを確保するため積極的にご参加いただきたく、お勧めいたします。

開催日時 平成25年9月13日(金)より26年3月14日(金)まで計11回の開催
時間はいずれも PM 6:00〜PM 8:50
原則として、第二、第三金曜日に開催を予定
会 場 東医健保会館(JR信濃町駅徒歩5分)
対 象 病院管理者(院長、看護部長、事務長クラス)、医療関連企業
代理出席 可
参加費 会員100,000円 非会員 200,000円(いずれも事前振込)
参加確定後、参加費の振込先をご案内いたします。
定 員 先着50名(受講者には受講票をお送りいたします)
申込用紙に必要事項をご記入の上、
東京都病院協会 事務局宛FAXにてお申し込み下さい。
(定員を超えた際はご連絡いたします)
TEL 03-5217-0896、
FAX 03-5217-0898
E-mail tmha@mri.biglobe.ne.jp
連絡先 東京都病院協会事務局(TEL 03-5217-0896)
会場案内図 東医健保会館
(地図をクリックすると大きい地図を見ることが出来ます。)
経営塾2013 開催スケジュール
  開催日時 テーマ 講師 所属
第1回 2013年
9月13日(金)
医療とは 郡司 篤晃 聖学院大学
医療制度とCEOの役割 河北 博文 東京都病院協会
今、医療は何が問題か グループディスカッション
(座長:河北博文)
第2回 9月20日(金) 融資側から見た病院経営 瀬上清貴 国際医療福祉大学
医療安全、事例に学ぶ 宮澤 潤 宮澤潤法律事務所
第3回 10月11日(金) 組織管理 山口武兼 豊島病院
看護管理 服部満生子 河北総合病院
第4回 10月18日(金) 病院経営戦略とCS 伊藤雅史 等潤病院
人事管理 浅見 浩 浅見社会保険労務士事務所
第5回 11月15日(金) 病院における介護事業戦略サービス付き高齢者住宅の経営について 遠藤正樹 康明会病院
病院感染管理を含めた患者安全管理 藤井達也 河北総合病院
第6回 11月22日(金) 財務リスク予防策としての財務管理 鈴木喜六 ヘルスケアマーケティング研究所
医療提供体制・診療報酬改定 猪口雄二 寿康会病院
第7回 12月13日(金) 介護制度とCEOの役割 桑名 斉 信愛病院
どのような医療が望ましいか グループディスカッション
第8回 2014年
1月24日(金)
診療管理 福井次矢 聖路加国際病院
物流・業務委託 岩ア照宣 アスメディックス(株)
第9回 2月21日(金) DPC取り組み病院 泉 哲郎 河北総合病院
医療の質管理とDB化 長谷川友紀 東邦大学
第10回 3月7日(金) 医療システムと医療財源 川渕孝一 東京医科歯科大学
広報・マーケティング 猪口正孝 平成立石病院
第11回 3月14日(金) 終末期医療における倫理 箕岡真子 箕岡医院
医療人として自分のできることは グループディスカッション

参加者数44


[ ↑ページトップへ ]